・・・ き も の 知 識 集 ・・・
 
 きものはしきたりや決まり事が難しい?と思われる方もいるかもしれません、ですが、そんな事はありません。きものから生まれた、しきたり、決まり事とは、その相手の立場に立って、考え、思いやってこその、装いなのです。
フォーマル以外の場所であれば、思う存分、おしゃれを楽しむ事が出来ます。
  
  

■結婚式
結婚式のシーンにおいて、式の参列、披露宴があります、式の参列の場合には第一礼装
披露宴では、華やかなフォーマル、そう考えておきましょう。
また花婿・花嫁、親族が主役であり、およばれの方は、脇役にという事も心配りとして。


結婚式に参列する場合、親族の場合

既婚者の場合は
第一礼装である黒留袖、それに袋帯を合わせ、
下着又は比翼、長襦袢、半衿を白(白刺繍衿もOK)、
長襦袢や帯〆、帯上げも白が基本のものでまとめます。
飾り扇子もお忘れなく。

若い方でもこの黒留袖が正式な第一礼装となります。
ですから、黒留袖を着て行って、当然、失礼になる事はありません。
ただ、親族の場合でも、遠い親族、近い親族などもありますので
そういった場合は、紋の入っているもの、色留袖や訪問着でも
良いでしょう。紋の数によって少なくなれば、それだけ略式になって
行くことを覚えておいてください。

黒留袖は(五つ紋)
色留袖は(一つ紋、三つ紋、五つ入れる場合もあります)
訪問着は(一つ紋、入っていない場合もあります)

未婚の方の場合は第一礼装の振袖となります、

結婚式に参列する場合、友人の場合

親しい友人や知人の場合、結婚式にも参列して欲しい
といった場合があります、既婚者の場合は、正式な第一礼装である
黒留袖での出席が、当然、失礼に当たる事はありませんが
色留袖や訪問着での出席の方が良いでしょう。
紋の数によって少なくなれば、
それだけ略式になって行くことを覚えておいてください。
黒留袖は(五つ紋)
色留袖は(一つ紋、三つ紋、五つ入れる場合もあります)
訪問着は(一つ紋、入っていない場合もあります)

未婚の方の場合は第一礼装の振袖となります

結婚披露宴に招待された場合 親族

親族が披露宴だけに出席する場合があり、
黒留袖でなくても良い事になっています。
その場合には、華やかなフォーマルで装い。
披露宴にふさわしく、色留袖や訪問着などで
披露宴会場を明るく彩りましょう。

黒留袖は(五つ紋)
色留袖は(一つ紋、三つ紋、五つ入れる場合もあります)
訪問着は(一つ紋、入っていない場合もあります)

未婚の方の場合は第一礼装の振袖となります

訪問着をクラスUPさせる、装いのコツ
訪問着の、半衿、帯締め、帯上げを白(留袖用でOKです)
であわせてみたり、白の重ね衿を使い、留袖のような二枚重ねの雰囲気を出す事も、効果があります。小物はハンドバッグ等を留袖用でまとめると良いと思いますよ。(ファッションですから訪問着に雰囲気が、あわなければやめておきましょう)

結婚披露宴に招待された場合、友人

この場合は華やかなパーティとして考えます。
準礼装である訪問着や柄に格調のある小紋(江戸小紋など)、色無地などの装いで、披露宴会場を明るく彩りましょう。
小紋、色無地は、袋帯をあわせましょう。
訪問着は、形式ばらず、華やかで、多目的に着ることの出来る、準礼装のきものです
。きものとの濃淡でさりげなく縫い紋を入れておくと、この様な場合重宝します。
色無地は、帯との合わせ方で、多目的な場所で装う事が出来ます。一つ紋をいれる事をおすすめします。
華やかさのある小紋も、お正月、普段、パーティー着として、装う事が出来ます。(※この場合小紋とは、柄が細かすぎない、華やかさのあるもの)

親しい友人や知人の場合で、披露宴で、代表の挨拶などが、ある場合があります。そういった場合には「少し格調のあるものを装う」と言う事を、頭に入れておくと良いかもしれません、未婚の方の場合は訪問着のかわりが振袖となります


  
■喪
故人の霊を弔う心の装い、喪主、近親者は、髪型なども控えめに

喪服とは、黒無地きものに、五つの紋を入れたものに、黒共帯(黒無地で織り上げた名古屋帯)を合わせ、帯締め、帯上げ、草履、ハンドバッグ等は黒で統一、半衿、長襦袢は白、扇子は黒骨に白か、黒のものを用います。

色喪服とは、略喪服とも言い、抑えた色の色無地や柄の小さな地味な小紋(鮫小紋など)に、喪色と言い、グレーや紫、抑えた水色(グレイッシュ系統のおとなしい色)などの、帯に帯締め、帯上げなどの小物であわせます。(帯は、墨絵で凡字の書かれたものや墨絵の季節の風景などの染め帯を締めたり。季節によっては黒の羽織、コートを合わせることも場に合わせた良い装いです。)

喪主
近親者
通夜 黒喪服 色喪服
告別式(葬儀) 黒喪服 黒喪服
初七日 黒喪服 色喪服
三十五日 黒喪服 色喪服
四十九日 黒喪服 色喪服
納骨式 黒喪服 黒喪服
一週忌 黒喪服 色喪服
喪主は一週忌明けまで黒喪服が

喪主以外の参列者は、告別式は黒喪服、以外は色喪服でかまいません。


   
■お茶会
特別な決まり事はありませんが茶事の内容、季節感、趣旨にあわせた装いを。

茶事に招かれた場合、気をつけることとしては、趣旨によって装いが変わるという点です。また主催者との装いに気を配る事が大切です。
その他には、指輪、髪飾り、帯留などは、大切な物に、傷をつけないように、席に入る前にはずします。(座りますので、茶会、季節、にあわせた帯がひときわ映えます。)

※大まかに言えば次のようになります
初釜茶事、利休忌、口切、免状式、
紋のついたものを中心に装います。(五つ紋や三つ紋、一つ紋)
色留袖、訪問着、色無地、振袖
月釜、記念茶会、初釜茶会、点心つきの茶会、

さりげなく、華やかな装いを、主催者と間違われないよう少しおとなしくします。
訪問着、付け下げ、色無地、振袖、江戸小紋、絵羽系の紬
野点、立礼、稽古茶事、
気軽な装いで、
色無地、小紋、無地系の紬
その他
お年忌席、などが
ある場合は無地のきものに、グレー系の帯、
(黒の場合もあります)
    
 
疑問、ご質問、ご相談
   
▲TOP