御着物(夜着だたみ) コート(長襦袢)
    
御着物たたみ方(本だたみ)
普通のきものの同じたたみ方で、いちばん一般的なものです。きものを保管する為のたとう紙も、多くはこのたたみ方でたたんだときのサイズに合わせて作られています。  (下図はすべて振袖で説明しています。)
@ 
きものは下前裾からたたみますので、裾が右、衿が左にくるように、下前身頃を脇線で折ります。
A 
下前身頃(下側になっている前身頃)のおくみを、おくみ線で脇方向に折り返し、おくみの端と脇線を合わせます。
B 
下前身頃の衿と上前身頃の衿、下前身頃のおくみの端と上前身頃のおくみの端を合わせるようにして、下前身頃と上前身頃を重ねます。衿の後ろ中央を内側に折り入れておきます。
C 
下前身頃の脇線と上前身頃の脇線、右袖と左袖を重ね、衿は袖山(肩のライン)の延長線にできる折り目と折り目を合わせて、内側に三角にへこむように形を整えます。
D 
上になっている左袖を、袖付け線から折り返します。
E
下側の右袖も、Dと同様に袖付け線から、きものの下に折ります。
F
たとう紙の大きさや収納する引き出しなどの大きさに合わせて、裾の方から二つ折り、または、三つ折りにします。
御着物たたみ方(夜着だたみ)
このたたみ方は大変デリケートな刺繍や金箔、絞りなど、豪華な加飾法を施したおきもののダメージを少なくするたたみ方です。
                   (下図はすべて振袖で説明しています。)
@ 
裾が右、衿が左にくるように置き、きものを広げた形になるように、下前身頃を脇線でおります。
A 
後ろの衿は内側に折り返しておきます。
B 
刺繍や箔、絞りなどの模様の部分には、上から薄紙を当てます。
C 
上前身頃も脇線から折って下前身頃に重ね、同様に薄紙を重ねます。
D 
右袖を袖付けのところから折って、身頃に重ねます。左袖も同様に折ります。袖にも刺繍や箔があれば、薄紙をおきます。
E
きもの枕(専門店で売っています)を中央に置きます。この芯を使うと折り目がくっきりとつくのを防ぎます。
F
衿の方から裾に向けて身丈を半分に折り、同じように中央にきもの枕を置きます。
G
初めに置いたきもの枕のほうから、さらに二つ折りにします。
コートたたみ方
きものとデザインが違いますので、同じようにはたためません。
長襦袢や半襦袢などの下着もこのたたみ方でたたみます。
           (下図はすべて振袖用コートで説明しています。)
@ 
衿が左に、裾が右にくるように置き、下前身頃、
上前身頃を重ねます。
A 
下前身頃の脇縫いを身頃の中央に合わせます。
B 
袖を手前に折り返します。
C 
Aと同様に、上前身頃の脇縫いも中央に合わせ、袖を折り返します。
D 
裾のほうから二つ、または三つ折りにします。
 
たたみ方
袴には「あんどん袴」と「馬乗り袴」があります。
女性用の袴のデザインはほとんど「あんどん袴」です。
両方とも同じ手順たたみますが、後ろ紐の処理の違いで
二種類のたたみ方があります。
今回は紐の処理の仕方が簡単な「石だたみ」を紹介します。
@ 
袴の後ろを上にして置き、後ろのひだを整えながら平らに置きます。
A 
右手で腰板と紐を持ち、裾から3分の1のあたりに
物指しなどを当てて抑え、腰板と紐を手前に引っ張って、ひだが広がらないようにしながら、ひっくり返します。
B 
前を上にしてひだを整え、裾から3分の1のところに物指しを当てて、上方向に折りたたみます。
C 
腰板から3分の1のところも同様にして、下方向に折りたたみます。
D 
180度回転させて、腰板が上にくるように向きを変えます。
E
前紐は4〜5つ折りにし、右を上にして交差させます。
F
左側の後ろ紐を、交差させた前紐に重ね、すくい上げて腰板の方向に引きます。
G
右の後ろ紐も、Fで交差した左の後ろ紐に重ね、すくうように下を通して右方向に真横に引きます。
H
Fで上方向に引いた左の後ろ紐を、右斜め下に折って、右下向きの前紐に揃えて重ねます。
I
Gで右に引いた後ろ紐を半分に折り、左下向きに折り返します。
J
Iを左下向きの前紐が通っている輪に通します。
   
御着物(本だたみ) 御着物(夜着だたみ) コート(長襦袢)
   
疑問、ご質問、ご相談
   
▲TOP