袋帯たたみ方
留袖や訪問着などに合わせることの多い袋帯は、金糸や銀糸、箔糸などで織られたものが大半です。また、全通柄(帯全体に柄がある)や六通柄(帯全体の六割に柄がある)が多いので、締めたときに出る部分や柄を傷めないように注意しましょう。
その1
帯専用の袋に合わせた、ポピュラーなたたみ方
折り山に沿って全体を四等分にします
これ以上小さく折ると胴帯やお太鼓にシワが出るので、
要注意。
@ 
裏を合わせて全体を二つに折ります。
A 
さらに二つ折りにして四分の一の長さにし、このまま帯専用の袋に入れます。
その2
厚みが出る刺繍や折りジワがつきやすい箔糸、金糸銀糸、また代々伝わった古い帯などは、折りジワを防止する為に棒状のクッションをはさみ押さえつけず、ふんわりとたたみましょう。
@
裏を合わせて全体を二つ折り、さらに二つ折りして四分の一にします。
A
さらに二つ折りにして八分の一の長さにたたみます。
B
折ったところに芯棒をはさんで、折りジワがつかないようにします。
その3
仕立て方によっては、中央でない所に折り山がついていて、二等分にならないものがあります。こんな場合は無理に二等分せず、既存の折り山で折って、余った部分を内側に折り込みます。
@
帯についている中央に近い部分の折り山で、二つ折りにします。長さは無理に揃える必要はありません。
A
長さは不揃いのまま、二つ折りの短い方に合わせて四つ折りにたたみます。
B
折り幅から飛び出した部分は内側に折り込みます。
その4
仕立て上がった帯の長さや、柄のある位置によっては、いままでご紹介した折り方で折っていくと、ちょうど柄の部分に折り目がきてしまうことがあります。この場合はお太鼓部分や前帯に折り山がこないように、適宜ずらして折るとよいでしょう。
帯専用の袋や引き出しの寸法を考えたうえで、お太鼓や前帯に折り目がこないように、適宜ずらしてたたみます。
 
なごや帯たたみ方
お太鼓の部分は帯の幅そのまま、胴に巻く部分のみ半分の幅にして、仕立てられることが多いようです。お太鼓部分と胴帯の幅と長さが異なるので、厚みが均等になるようにたたむのがコツ。前帯とお太鼓に折り目がこないように気をつけましょう。
@ 
帯のお太鼓になる部分(幅の広いほう)を裏返しておき、胴に巻く部分の縫い止まりのところで三角に折ります。胴に巻く部分も合わせて三角に折り、たれの先を右側に向けて伸ばします。
A 
たれ先の位置に合わせて、再度三角に折り、左側にたれ先を伸ばします。
B 
左側の三角の底辺に合わせて、て先を折り返します。
C 
両サイド三角を内側に折ります。
帯〆しまい方
帯〆でいちばん先に傷んでくるのが先端の房の部分です。房が開いてボサボサになると、帯〆全体がみすぼらしく見えてしまうので注意が必要です。
また長い状態のまましまうとよれたり、折れたりするので適当な長さにまとめ、房を整えてしまいます
@ 
全体を二つ折にし、さらに三等分して二対一の長さになるように折ります。
A 
長い方の紐を短い方の紐に交差させるように、手前からむこうに向かってひと巻きします。
B 
房先を折ってAでできた輪の中に入れます。
C 
房先の折り目に指を入れ、引っ張ります。
D 
全体を引っ張って、房が結び目の下にくるように調整します。
帯〆手入れ法
@
バラバラに乱れてしまった房は、やかんなどに湯を沸かして沸騰させ、蒸気にあてて、冷ましながら櫛で整えると元のきれいな状態に戻ります。
 ※ 金糸銀糸などの材質によっては不具合がおこりえますので十分注意をしておこなってください。更に、火傷などにも十分注意して下さい
A
完全に冷めてから、再び乱れないように和紙や市販のプラスチックキャップなどで留めます。
帯〆帯あげしまい方
きものを着るときの、帯〆、帯あげの組み合わせを、ある程度決めている方も多いと思います。この場合は帯〆と帯あげをワンセットにしてしまっておくと、出し入れも簡単です。房を帯あげの中に入れて巻けば、輪側が出て、識別もしやすくなります。
@ 
帯〆は四つ折りにして、二つ折りにした帯あげの上にのせます。帯〆の長さが帯あげの幅より長い場合は、房が帯あげの中に入るようにします。
A 
手前から、帯あげのシワを伸ばしながら、きつめにころころと巻いてゆきます。
B 
巻き終わって海苔巻き状になったら、巻き終わりを下にしてしまいます。
帯あげしまい方
帯あげはちりめんや紋織のりんずなどで作られていることが多く、折り曲げたときに、一般的な平織の生地より厚みが出ます。特に絞りなどの加飾をしたものは、嵩があるので押しつけないように。たたんだら、輪は輪、みみはみみ、と揃えて重ね、しまいます。
@ 
帯あげは使用すると、かなり強く折りジワがつくので、はずして汗をとばしたら、アイロンをかけてからしまいます。
 ※ 絞りなど特殊加飾をした帯あげはアイロンなどをかけると加飾がなくなりますので十分注意して下さい。
A 
帯あげは四つ折りにして、輪を揃えて重ねるようにします。あまり上から押さえつけず、ふんわりと重ねます。
 
疑問、ご質問、ご相談
   
▲TOP