・・・ 儀式用品の扱い方 ・・・
広蓋(ひろぶた)・袱紗(ふくさ)・風呂敷の扱い方
結納品を届ける場合
 
@


 家紋入広蓋を使います。

A


 家紋入広蓋に、目録・家族書・親族書
 を入れた片木(へぎ)をのせます。

B


 熨斗(のし)と末広をそえて、その上に
 家紋が表になるよう袱紗をかけます。

C


 それを慶祝の柄に染められた風呂敷
 で包みます。これは中包み。

D


 中包みを家紋入の白山紬風呂敷で包
 みます。先方へはこのまま持参します。

     先方の通された部屋で結納飾りの縁起風呂敷をとりのぞき、
     定められた位置に飾り付けます。広蓋に入れられた目録・
     家族書・親族書は、外包み・中包みの風呂敷をとりのぞき、
     袱紗の家紋が先方の正面になるようにして差し出します。
広蓋(ひろぶた)・袱紗(ふくさ)・風呂敷の扱い方
結納品の受書を渡す場合
@


 持参された広蓋に結納の御受書と結納総額の一割を
 封入した金封・多芽紙(ためがみ)・家族書・親族書を
 片木(へぎ)に入れたものをのせます。
 
A


 袱紗の柄を表にしてかけます。

     いただいたお祝金(品物の場合は相当する金額)の一割を
     金封に封入し、多芽紙と共に、いまおわずかりした広蓋に入れ、
     袱紗を裏返しにして、渡します。この作法を「うつり」と言い、
     これは縁が移るように、また今後とも行末永く、交際が深まって
     いきます様に、と言う意味があります。
風呂敷の包み方
家紋入風呂敷の場合
@


 家紋入風呂敷で包むときには、包み上 がったときに
 家紋が中央になるように中包みを置きます。
 
A


 家紋を向こうにして、手前側を折ります。

B


 左側を折り重ねます。

C


 右側を折り重ねます。

D


 向こう側を最後に折り重ね、家紋が中央
 になるよう形良くしあげます。

風呂敷の扱い方のポイント
    ・ 家名(苗字)が染め抜かれている風呂敷は、名前の部分が
     いちばん中に隠れるように最初に折り包みます。
    ・ 家紋のついている風呂敷は、包みあがったときに、家紋が
     いちばん外側になるようにして包みます。
    ・ 花や木の模様は、包みあがった時に、逆さまの図柄に
     ならないように気をつけ包みます。
    ・ 引出物などを包む、濃淡二色染の風呂敷は、包んだときに
     白地のほうが右上重ねになるのが正式な包み方です。
御贈答の手引
クイックすると大きくなります。 色々な御贈答の手引を
表にしてみました。


ご参考にして下さい。
疑問、ご質問、ご相談 
    
儀式用品 贈答の手引 種類 種類の手引 価格表
    
▲TOP